【info】噂の大人気ガチャ「アーティストガチャ」体験レポ@荘銀タクト鶴岡

アーティストガチャとは、荘銀タクト鶴岡で実施されている鶴岡の「市民アーティスト」による作品をゲットできるガチャガチャのこと。フィギュアやイラスト、さまざまな作品が入っています。

1週間足らずで完売するという噂の大人気ガチャの第6弾が12/24からスタート!
ということで、アートガチャとはどんなものか体験させていただきました。500円玉を入れ、脚が生え鼻がついたガチャ機を回すと、カプセルに入った手のひらサイズのアート作品が出てきます。

早速回してみました!

こちらはBrillarさんによるモグラの「moguo」。なんと2回連続で当たりました!

カプセルにぎゅうぎゅうに詰まったふっかふかのもぐらたち、かわいい…!!!

こちらは福濱美志保さんの、鳥をモチーフにしたプラバン作品です。

プラバンといえばビビッドな油性ペンのイメージがありますが、こちらは色鉛筆で描かれた優しい色づかい。アートを身近に感じてほしいと話す福濱さんの作品がもつ、あたたかくて穏やかな世界観にほっこりします。

こちらはlovfurniture 大屋満さんによる立体オブジェ。

鉄と真鍮と木、素材の異なるパーツを組み合わせて作ります。作り方はその人の感性に任せるとのこと(でも組み立て方はひとつ)!土台のずっしり感はなかなかのもの。一番重たいカプセルだそうです。

こちらはMao Simmonsさんによるスナック看板のキーホルダー。

鶴岡の実在スナックをモデルにした、実在しないスナックの看板なんだそう。モデルのスナック、探しにいきたい!想像が掻き立てられる作品です。

こちらはJoe Igarashiさんのチェキ。透明のスマホケースの裏に入れて楽しむこともできます。

こちらは田中耕太郎さんのキメラヘッド。
なんともいえない表情がなんともかわいらしい、鼻の高いキメラヘッド。これまでも海岸の漂着物を使ったものなどたくさんの種類がいたそうですが、今回のポイントは磁石がついていて実用性を兼ね備えていることなんだそう。進化!
今回はなんと、荘銀タクトのキャラクター おつるっちゃんのグッズも入っているそう。必見です!

普段なかなかアートに触れる機会がない人も、ガチャをきっかけに地元のアーティストを知ることができますね。

なにより、普段は見て楽しむことの多いアート作品を、気軽に眺めて、触って、持って帰れるのがうれしい!たくさんの種類からご縁のあった1作品、愛着がわきます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

※撮影時のみ、周囲への配慮の上マスクを外しています。

【荘銀タクト鶴岡】
HP
Instagram
Facebook

#荘銀タクト鶴岡 #鶴岡市 #市民アーティストガチャ #鶴岡市アーティスト #妹島和代#SANAA

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

TOP