【特集_新庄市】新旬屋本店に行ってきました!

新庄市にある新旬屋本店をご存じですか?新旬屋本店は東京ラーメンショー、東洋水産の次世代ラーメン決定戦、東洋水産RAMENグランプリで数々の栄冠を獲得している新庄ラーメンの名店です。2021年3月にカップラーメン化され、全国で販売されていることから、全国的な認知度も高く、新旬屋のラーメンを求めて山形県外からもお客様が訪れ、日々行列ができるほどの人気店です。

新旬屋本店は朝・昼・夜に別々の暖簾(のれん)を掲げる【三暖簾】での営業を行っています。同じお店で時間帯を変えて、別のラーメンを提供しています。麺もトッピングも全部異なり、とても同じ店舗で作っているとは思えません。
朝は煮干し、昼は鶏、夜は豚のスープを楽しむことができます。

私たちが今回いただいたラーメンはお昼の時間に提供されている金の鶏中華(730円)です。鶏のうまみが凝縮された、濃厚でやみつきになるスープと、弾力のある麺が絡み合い、箸が止まりませんでした。また、夜の部:極中華蕎麦ひろたでは「白飯食いたくなる系ラーメン」通称「S系ラーメン」を食べることができます。1番人気のラーメンは極中華蕎麦セットです。自慢のトロ豚チャーシューを白飯に乗せて、生卵とマヨネーズをかけて食べるとこれが絶品なんだとか!次は夜の部に行ってみたいと今からうずうずしています。

券売機は店内に3台あり、時間帯によって使える券売機が異なります。他のラーメン屋さんでは見たことがない営業方法で、とても驚きました。
「なぜ同時に3種類のラーメンを提供しないのですか?」と尋ねると
「従業員に一つ一つのラーメンを丁寧に作ってもらいたい、そして、お客様に最高の一杯を届けたい。という想いでやっています。」と新旬屋の山崎さんは笑顔で仰っていました。

【受賞歴】

・東京ラーメンショー2019「ザ・仕事人 最優秀賞」受賞
・東洋水産第3回次世代ラーメン決定戦 優勝
・東洋水産RAMENグランプリ2020「スープ飲みほしたくなる部門」優勝
⇒2021年3月にカップラーメン化され、全国で販売されるほどの人気商品となりました。
・2021年「東洋水産RAMENグランプリ2021(白飯欲しくなる部門)」優勝
⇒【白飯欲しくなるラーメン】通称【S系ラーメン】として現在浸透中。

【Information】

【住所】山形県新庄市沖の町3-20
【TEL】0233-23-4634
【営業時間】
朝の部:煮干中華蕎麦あらた 6:30〜9:30
昼の部:新旬屋本店 10:30〜14:30
夜の部:極中華蕎麦ひろた 16:30〜20:00
【定休日】火曜
【駐車場】あり

週替わり、日替わりで突発的に特別なキャンペーンが行われています。情報は随時更新されておいますので、新旬屋公式HPで詳細をご確認ください。実際に新庄市に食べに行くのが難しいという方!大丈夫です。ANAふるさと納税でお取扱いがあります!気になる方は、ANAふるさと納税(新庄市新旬屋ページ)をクリック。

【番外編】

庄内地域でも新旬屋さんのラーメンが食べられます。2023年1月上旬までの期間限定で庄内観光物産館のラーメン街道に出店されている【煮干中華蕎麦あらた (新旬屋本店朝の部)】では煮干しラーメンのみを提供しています。本来は新庄市に朝に来ないと食べられない煮干しスープを庄内の人にお昼に楽しんでいただくための取り組みだそうです。
※2023年1月29日現在終了いたしました。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

TOP