【7/19.20】サイクルツーリズムガイド講習会

7/19.20の2日間、「JCTAサイクルツーリズムガイド講習会」に参加しました。
この講座はE-bikeで観光地をガイドするための資格を取得するためのもので、2日間の講習を経て、全員無事に合格することができました。
講師は日本サイクルツーリズム協会の方が鶴岡に来てくださいました。1日目はバイクに乗る前にチェックすることやメンテナンスに関する講義、2日目は実地研修として、実際に鶴岡市街をガイドしました。

まずは受講生全員でE-bikeに試乗しました。自転車走行中に方向転換したり、止まる合図をするとき、片手でジェスチャーをするため、もう一方の手でハンドルを操作する練習をしました。また自転車に乗る前に椅子の高さを合わせたり、初動の確認を行いました。

ガイドは2名1組、または3名1組で行います。参加者の人数や個々の技量を勘案しながら、信号を渡る、車道を走るなど判断力が随所に求められます。信号がない道路を渡るときは、ガイド同士で協力する必要があります。1人が少し車道に出て、これから自転車が横断することを走行中のドライバーに知らせます。もう1人は先に道路を横断し、その後に渡る人たちの先導をします。また、駐輪する場所も他の人や車の迷惑にならないようにする必要があります。

観光地の紹介をすることもガイドの仕事です。研修では、鶴岡の観光名所を分担してご案内しました。ガイドをするにあたって、ガイドする土地の下見や準備がとても大切だということが分かりました。また、変化する天候や状況に合わせて臨機応変な対応も求められます。1日の講習の中でも、大雨に見舞われたり、自転車のタイヤがパンクする、自転車から転倒してしまうなど、様々なハプニングがありました。講師のお二人の迅速な対応はとても勉強になりました。

実際に私たちがE-bikeのガイドツアーを行う日が来るかもしれません!ご期待ください!

関連記事

TOP