【遊佐町】旬のうまいものがたくさん!道の駅鳥海ふらっと

山形県県北海沿いに位置する遊佐町(ゆざまち)。ここの国道7号線沿いに「道の駅 鳥海 ふらっと」があります。

地元の海山の幸を楽しめる食堂をはじめ、農産物や鮮魚の直売所、地域の特産品販売コーナーなどが充実していて、遊佐町の極上の自然と食材をまるごと体験できます。

旬の鮮魚や海産物を、地元の浜の母ちゃんたちが元気に販売しています。店頭で焼いた熱々を食べることができる銀ガレイ焼きは一年を通して大人気! 食欲をそそる香ばしい香りに誘われます。春の「サクラマス」に始まり、庄内浜夏の風物詩「天然岩ガキ」は行列ができるほど。秋には遡上してきた「鮭」が並び、寒さが厳しい冬には脂がのった「寒鱈(かんだら)」を使った寒鱈汁を販売。季節ごとに庄内浜の旬を感じる海の幸が堪能できます。

夏が旬の遊佐町吹浦(ゆざまちふくら)産の岩ガキは食通をもうならせる一品です。鳥海山の麓にある吹浦周辺の海には、ブナの原生林で育まれたミネラルたっぷりの伏流水が海底から湧き出ていて、プランクトンが豊富なことからふっくらと身の肥えたカキが育ちます。また、水温が冷たく保たれるため4年から10年かけてゆっくりと成長するので、キメの細かい岩ガキとなるのです。そのプリプリ、ふっくらとした身の豊かな味わいはここだけで堪能できる味です。

夏の庄内メロン、パプリカなど新鮮野菜やフルーツをはじめ、地元農家が愛情をいっぱい注いで育てた品々が並びます。採れたての旬野菜やフルーツは、山・里・砂丘など、遊佐町の恵まれた土地柄を活かして作付けされた農作物ばかり。食の都、庄内の山の幸、里の幸を味わいましょう。

関連記事

TOP