【鶴岡市】やわらかなお湯と清流の音が心地よい あつみ温泉

庄内空港から車で約40分、山形県と新潟県との県境に近い鶴岡市の南部に位置するあつみ温泉は、開湯約1,300年前といわれる歴史ある温泉です。山に囲まれ清流が流れる風情ある温泉街には、近くの日本海や山でとれる旬の食材を使った料理自慢の宿が並びます。早起きして朝市をのぞくのも楽しみです。

温泉街の両側には山、中央には温海川(あつみがわ)が流れ、川の両岸に旅館が並び風情ある光景が広がります。温海川では、春は桜、夏の鮎釣り、秋には鮭の遡上と四季折々の表情を楽しむことができます。共同浴場と足湯がそれぞれ3か所、飲泉所も2か所あります。温海川の河畔に川を見下ろすように造られた足湯は、春は桜並木を一望できます。旅館では、日本海でとれる新鮮な海の幸や地元の山の幸を使った、四季を感じる山海料理を味わえます。

かつて自炊の湯治客が食材を買うために設けられた朝市は、約260年もの歴史があります。形を変えながら今も続き、新鮮な野菜や魚介類、手作りの漬け物・干物や工芸品などあつみの産物が並びます(朝市開催は4月~11月)。温泉街にはギャラリーを併設した足湯カフェや、飲食店、お土産店、酒屋などが並び、散歩をしながらお店をのぞくのも楽しみのひとつです。

熊野神社境内にある「あつみ温泉ばら園」は、約90種3,000本のバラが植栽されていて、温泉街を見渡せるビュースポット。6月から10月までが見ごろです。6月には「ばら園まつり」も。温泉街から少し足をのばせば、日本海に沈む夕陽が絶景の「マリンパークねずがせき」があります。車で約20分、環境省より「快水浴場百選」に選定された家族で楽しめる海水浴場です。

関連記事

TOP